フリーランスのエージェントとの対面

フリーで働いているエンジニアにとって、サポート役となるエージェントサービスの利用が仕事の効率を高める。
フリーエンジニアとして仕事を始めるのであれば、パートナーとして有望な支援サービスをどのように利用できるのか、知っておくことが必要である。
まずは、エージェントに対してエントリーの手続きを行う。自身の仕事の経歴などを書面として記録することにより、基本的な事柄を伝えることができる。

また、エントリーした際の情報だけでは、きめ細かいサポートを行う事は難しい。
さらにエントリーしたエンジニアに対しての対面でのヒアリングが行われる。
ヒアリングでは、書面上では分からないような、より詳しい内容について聞き取りを行う。実際に人と会ってこそ分かる情報も多い。
ヒアリングから得られた情報は、紹介される仕事にも反映される。
できるだけエンジニアの適性にあった仕事を選び出し、実力を活かせるように配慮がされている。

実際に仕事の案件を得てからはフリーエンジニアの実力の見せ所であり、仕事をやり遂げることでクライアントやエージェントから評価が得られる。
フリーエンジニアとしてのビジネスでは人脈もまた重要であり、フリーとしてまず始めにかかわるサポートスタッフとは、良好な関係を築いていたほうがビジネスが有利に進む。フリーとして上手に仕事をこなしているエンジニアは、サポートスタッフとの連携を大切にして、ビジネスに取り組んでいることが多い。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *