フリーエンジニアの仕事獲得の考え方

フリーエンジニアが安定した生活を送っていくために必要な要素が2つある。1つは請け負うことができた仕事を確実に遂行して報酬を手に入れ、クライアントからの信頼を得ていくことだ。そして、もう1つはその仕事を手に入れるということである。

仕事を手に入れるというステップが比較的難しいのが、個人事業を行う際の大変な面だ。その主な選択肢として、自ら企業に乗り込んで営業活動を行い、仕事の依頼を勝ち取るというものと、仕事を紹介してくれるエージェントを活用するというものとがある。多くのフリーエンジニアは独立する際にこれらのどちらかを選択するのだ。
営業活動に時間や労力を費やしたくないという人は、特にエージェントを活用する道を選ぶのだが、人との交流を重視する人は自ら営業活動を行っていく。しかし、両者にメリットもデメリットもあるため、併用するという観点も重要なのだ。

今すぐに仕事を手に入れたいならば、エージェントの活用は有用である。
既に多数の募集案件があることが多く、その中から行える仕事を見つけるのは企業との交渉を繰り返すよりも容易だからだ。
一方で、生涯にわたって仕事を獲得できるようになるためには特定の企業との信頼関係を築くことが大切なのだ。
そういった角度からは同じ企業に何度も出向いて営業活動を行い、同じ企業から仕事を請け負うことにメリットがある。両者の併用が現在と将来を共に成功に導くためのポイントになるのだ。

とはいえ、案件獲得に悩むのであれば、まずはエージェントを利用して、確実に獲得するのが先だろう。案件を獲得し、余裕が出てきた時に企業へのアプローチをすれば、これまでの案件を経験として、様々な提案を出来るのではないだろうか。エージェントを利用するのに抵抗がある方はまず<やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】>を読んで欲しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *